NEWS

2019.11.14

【プレビュー公演レポート&コメント】開幕しました!

11月10日(日)・11日(月)に、福島・いわきアリオス小劇場でプレビュー公演を上演し、そして11月14日(木)より、
主演の平間壮一の出身地でもある北海道から、全国ツアーがスタートいたします。
ツアー一覧はコチラ
【FAQ】公演についてのご案内

●201911110_indigo-309
左から 剣(Wキャスト)・平間・長江・安藤・川久保


【プレビュー公演レポート】


平間壮一が主演するミュージカル『Indigo Tomato』のプレビュー公演が11月10日、福岡・いわきアリオス小劇場で開幕した。
昨年5月に初演され、観た人の心にあたたかな気持ちが広がると評判になった作品が、好評を得て早くも再登場。新キャストも加わり、
さらに優しさと繊細さに磨きがかかった新鮮な『Indigo Tomato』の世界になっている。作・演出は小林香。

●201911110_indigo-320
平間

物語は、自閉症スペクトラムなどの障害がある一方で、数学や記憶に突出した才能を持つサヴァン症候群の青年タカシが主人公。
その才能に目を付けたテレビマンによってクイズ番組への出演を誘われた彼が、さまざまな人との出会いによって自分の殻を破っていく過程を、繊細な筆致で描いていく。

タカシを演じるのは、初演時も絶賛された平間壮一。自閉症スペクトラム障害を持つ青年を真摯に、丁寧に演じる。
さらに“数字に強い”という彼の個性を表現する必要もあり、実際、円周率を200桁近く暗唱するシーンもある。それらの挑戦も、並大抵の努力では成し得なかっただろう。だが何よりも素敵なのは、数字との格闘より、タカシの持つピュアさを自然に出しているところ。
しかも喜びや嬉しさといった感情をあまり表に出さないタカシの心情を、表情ではなく全身で表しているのが素晴らしい。
平間にとってもタカシ役は当たり役になったに違いない。

●201911110_indigo-502
左から 川久保・安藤・平間・長江

タカシを支える弟マモルには長江崚行が新たに加わった。彼もまたまっすぐ役と向き合い、気持ちの良い印象を残す。苦労を重ね、時に絶望もするタカシとマモルの兄弟だが、平間と長江が嫌味なく素直に演じていることで、作品全体に爽やかな風が吹く。彼らを取り巻く人々もカラフルだ。タカシをテレビの世界へ誘うユーゴを演じる川久保拓司(大山真志とのWキャスト)はタカシを利用しようとする野心と、彼自身自分の居場所に違和感を持っている屈折した感情をうまくブレンド。タカシとマモルの行きつけの公園のカフェ店員あやを演じる安藤聖の朗らかさも作品を象徴するかのよう。

●201911110_indigo-502
左から 平間・剣(Wキャスト)・川久保

さらに剣幸(彩吹真央とのWキャスト)が演じ分ける5つの役は、それぞれのキャラクターを通して世間の様々な顔を表現し、タカシに深い影響を与える。5人のキャストが生き生きと息づき、出演者がわずか5人とは思えない豊かな世界を作り出した。また堀倉彰が手掛けた音楽も美しく耳に残る。作品全体を通して伝わるキラキラした輝きは、音楽の美しさが担う力も大きいだろう。

●201911110_indigo-502
左から 彩吹(Wキャスト)・平間

タカシにとって社会は厳しく、時には好奇の眼差しを向けられることもある。自身のことを異星人と表現し、“ふつう”になりたかったとタカシは言うが、最後には自分は“ふつう”じゃないけれどこのままでいい、と話す。本当は“ふつう”というのは人それぞれなのだ。それを自然のものとして受け入れる気持ちを一人ひとりが持つと、世界はより豊かに、美しく色づいていくのだと気付かせてくれる、珠玉のミュージカル。きっとこのミュージカルを観終わったあとあなたも、まわりの人に優しく接したいと思うはずだ。
【コメント】


作・演出:小林香
「どんな個性を持った人間として生まれてきても、そのままの自分で、しっかり生きる」ことに背中を押してあげられる作品を作りたい、というかねてより抱いていた思いを形にし、昨年誕生した『Indigo Tomato』。再演では、初演よりさらに登場人物たちの心の機微を深く表現しようと稽古を重ねてきました。初演から参加してくれているキャストも新しいキャストも、みんなが心をこめて生き生きとこの世界に入り込んでくれています。みんなのひたむきな思いが結実した新生『Indigo Tomato』を早く全国のみなさまにお届けしたい気持ちでいっぱいです。
 私は日本発のオリジナルミュージカルを作り続けていきたいと思っています。昨年、たくさんの人の力を結集して作った本作がまたこうやって上演出来たこと、そしてより花開いたと思えるものになったことを嬉しく思います。初日、いわきの地でたくさんのみなさまにご覧いただきましたことに感謝し、さらにこの作品が生き続けていければいいなと願っています。


平間壮一(タカシ役)
昨年の初演は本当にガムシャラにやりましたし、自分が主演で大丈夫かというような不安もあり、自分にとっても挑戦でした。再演である今回はまたさらに、みんながこの作品をよく知っている分、それをひとつにまとめる難しさもあり、苦しみもたくさんありました。でもそれを乗り越えた先には、初演で感じた以上の楽しさがある。再演って面白いですね。
 タカシは自閉症スペクトラムの障害を持つ青年ですが、自分自身、タカシに色々と勉強させられています。普段、平間壮一が生活していて、自分はひとりで平気だと思ったり、人に対してツンケンしちゃったりするような時に『Indigo Tomato』を思い出すと、視界が広がるし、周りにはいつも人がいるんだって気付きます。人は苦しいこと、辛いこと、面倒くさいことから逃げがちになる。でも逃げるとそこで、世界と関わらなくなっちゃうんですよね。そういうときに『Indigo Tomato』を思い出すと、ちょっと世界を広げられます。
 いわきからスタートしたこの公演、これからいろいろな場所に行きます。観にいこうかなと迷っている人は絶対来てほしいです(笑)。舞台を観に行くってことは、手間も時間もかかること。でもこの作品のキャスト・スタッフは全員、お客さまがそういう思いで観に来てくださっているということを本当にわかっている人たちばかりです。みんな毎公演毎公演、全力でやっていますので、ぜひ劇場に来てほしいです。
 そういえば再演では、覚える円周率の桁数が倍近くに増えました。でも、覚えました(笑)、キツかったけれど。そこが再演で特に変わったところ……というわけではないですが、本当により深く、それぞれの登場人物の人生の幅が広がって、違う作品になっています!


長江崚行(マモル役)
僕は『Indigo Tomato』には初参加で、新鮮な気持ちで取り組んできましたが、再演の方も多いカンパニーです。皆さんが一度作ったものを新しく作り直す作業を近くで見つつ、自分は素直な状態で挑む。作品を知っている方たちだからこその大変な思いとまっさらな僕らの思いが入り混じって、再演というものの面白さをとても感じながら稽古を重ねてきました。
 僕が演じるマモルはとても愛情深い人だと思います。兄貴のそばにずっといるというのはなかなかのこと。でも兄に恩もあるし、たったひとりの家族なので失いたくないのだろうし、一緒にいるのが当たり前だし、何よりこの人と一緒に生きていたいという気持ちがあるんだと思う。それはすごく大きな愛情。その気持ちを大事にしたいです。なおかつ、等身大の人物ですので、お客さまはマモルの目線で追いかけるシーンも多いはず。一番地に足をつけた存在でいたいです。
 この作品は、優しさも大変さもちゃんとあるのがいいですね。しんどさもあるけれど、それを乗り越えて前に進んで生きていこうというパワーがある。楽しいだけじゃ気持ちが滑ってしまう、しんどいだけだと前に進むパワーがなくなる。両方の気持ちを感じられる作品だし、お客さまにもそれは届くと信じています。今年は台風をはじめ自然災害で大変な思いをされた方もいらっしゃると思います。もしかしたらその影響で『Indigo Tomato』に観にこれなくなった方もいらっしゃるかもしれません。でも、めぐりめぐって、そういう方にも愛を届けられるような作品だと思うので、ぜひたくさんの方に観に来てほしいです。


剣幸(高野先生、葉子、好子、ほか)
再演をさせていただけるというのは、役者にとって本当に嬉しいことなんです。演じたものに対して役者は必ず「こうすればよかった、ああすればよかった」っていう思いは抱くもの。特にこの作品、私は5つの役を演じることもあり、去年はバタバタでした。ただその突っ走るパワーで生まれた良さもあったとは思いますが、今回は改めて5つの役をそれぞれ掘り下げて、新たに発見したことも多いです。タカシ君のピュアな心に、5つの役がどう突き刺さるのか。寄り添うのか突き飛ばすのか忘れられない棘になるのか。それをクリアに表現できたらいいなと思います。
 初演は非常によい評判をいただいたと聞いています。やっぱりタカシ君のピュアさが、皆さんの心に響いたんじゃないでしょうか。人って、「誰より優位だ、誰より劣ってる」って他人と比較しながら暮らしていると思うんですが、タカシ君にはそれがまったくない。他人と自分がどうだ、っていうのとは違う世界で生きている。それが普通とは違うと言われてしまうところですが、本当はみんながみんな“人とは違う”んですよね。この作品を通して世の中を見つめなおすいい機会にもなると思いますし、皆さんにもそういう温かい気持ちになっていただけたら嬉しいです。


彩吹真央(高野先生、葉子、好子、ほか)
 1年半ぶりの再演です。“再演あるある”なのですが、続演の人たちはお互いよく知っているところが邪魔をしてしまうというという悩みからスタートしました。自分たちとしては自覚がなくとも、慣れている部分が匂ってしまう、それがダメだと演出の小林香さんからも指摘されて。この物語は、そこまで解りあっていない人たちが最終的に素敵な関係を作り上げていくということが描かれています。どのシーンも新鮮にクリアに、「0」という数字から始まるというところをしっかり感じながら稽古をしました。だから新しく入ったおふたりのキャストの存在もありがたかったですね。しかも長江君も、川久保君も、その役らしいカラーを鮮明に持っている方ですので、刺激されました。また、小林さんが再演に際してお芝居の部分を深めていこうと明確に打ち出してくれていました。ミュージカルって、やはり歌やダンスなど、やらなきゃいけないことが多い。でもお芝居の部分こそ大切にしようとおっしゃっていたし、私たちももちろんそうあろうという思いでやってきました。より一層見応えのあるミュージカルに育ったと思っています。
 初演の時に観た方から「5人しかキャストが出ていなかったんだ」という感想をいただきました。それだけカラフルな舞台になっているんだと思いましたし、お客さまも5人が放つカラーや温度を感じてくださったからこそ、そういう感想をいただけたのかなと思います。その中で私と剣さんはマルチな役どころを担当させてもらい、中には結構辛辣な役もあります。でも辛さや苦しみがあるからこそ、明るさや楽しさがより輝く。苦しい部分があるからこそ、温かいものはもっと温かく感じられる。タカシという青年が抱えているものは辛さもある、でもだからこそ普通の人が見えない世界を彼は見ることができる。もしかしたら他愛ないことなのかもしれませんが、それが壮大な世界観に広がるすばらしさを感じていただける作品になっていると思います。ご覧いただいた方にも、今まで気にしていなかったこと、あまり目の中に入ってこなかったことが目に入る、そんな驚きを感じていただければ嬉しいです。


公演情報はコチラ
【FAQ】公演についてのご案内