ABOUT

現代日本を舞台に、作品世界を鮮やかに彩る美しいメロディと共に “みんながHappyになれるミュージカル”を目指して誕生したColoring Musical『Indigo Tomato』。
昨年の5月に小林香作・演出、平間壮一主演で初演された本作が、約1年半という短い期間で、再び上演されることが決定いたしました!

作・演出は、ショー作家のみならず、オリジナル作品も意欲的に取り組む小林香
 
作・演出の小林香は、数々の海外ミュージカルの演出や詞訳を手がけ、いずれも高い評価を得ている一方、オリジナルのショーシリーズ作品“SHOW-ism”を生み出し、日本では数少ないショー作家として確固たる地位を築いています。作家・脚本家としてもその才を発揮し、多くのオリジナル・ミュージカルを贈り出しているクリエイターでもあり、ドラマチックでありながら繊細な心理をつくその作風で、多くのファンを魅了してきました。
サヴァン症候群の青年と、青年を取り巻く人々の姿をあたたかな筆致で描く
 
『Indigo Tomato』は、自閉症スペクトラムなどの障害がある一方で、記憶や芸術面などで突出した才能を持つサヴァン症候群の青年と、その家族や友人など青年を取り巻く人々との物語。小林香の知識と経験、社会を切り取る繊細でやさしい感性により、見慣れた日常の景色が目にも心にも、いつもより色彩豊かに映る、そんな優しい魅力をもった作品として好評を得ました。
サヴァン症候群の青年を描きながら、シンプルに自らの人生を生きるタカシと、タカシを認めてくれる人々との関わり、そして日々の生活の中での悩みや葛藤、様々な思いを抱きながらも前を向いて生きる5人の登場人物が紡ぐ等身大の物語でもあります。


contentsIndigo_19


着々と進化を遂げる平間壮一と彩り豊かなキャストでバージョンアップした『Indigo Tomato』に挑む
 
主人公のタカシは、サヴァン症候群の中でも、数字や音など様々なものが色彩や質感を伴ってとらえられる“共感覚”を持つ青年。この難役を前作に引き続き平間壮一が演じます。初演での見事な熱演が好評を博し、この度の再演へと繋がりました。圧巻のダンステクニックのみならず近年は演技に歌唱にと着々と進化を遂げ、ミュージカル「ヘアスプレー」への出演も控える等、舞台俳優として飛躍を見せている平間。再びこの難役に挑み、繊細な役作りが期待されます。
平間壮一に加え、閉じられた世界に身を置いていたタカシを外界に引っ張り出す野心家に大山真志、兄弟を見守る明るくポジティブなカフェの店員に安藤 聖、一人で多彩なキャラクターを何役も演じ分ける役どころに剣 幸彩吹真央のダブルキャスト、と初演から引き続きのキャストも。
さらに、兄タカシを小さい頃からずっと支えてきた弟マモル役に長江崚行、大山真志とのダブルキャストに川久保拓司、と新たな顔ぶれも迎え、バージョンアップした『Indigo Tomato』の世界をお届けします。どうぞご期待ください。

story
storyph
ボクが好きな景色だ。
青い木立の中を降ってくる正六角形の雪の結晶。
本当にきれいだ。
サヴァン症候群で“共感覚”をもつ青年タカシ(平間壮一)は、数字や記憶に突出した能力を発揮するも、コミュニケーションが苦手でもっと外の世界と関わるようにと言われている。そんな兄のために様々なことを諦め、働きながら生活を支える弟マモル(長江崚行)。タカシは毎日10時01分に植物公園のカフェの店員あや(安藤 聖)が作るトマトジュースを飲むことが日課になっていた。あやとの交流によって外の世界を知り始めるタカシ。
ある日人気クイズ番組の司会者ユーゴ・オブライエン(大山真志・川久保拓司)脳科学者の先生(剣 幸・彩吹真央)を伴ってやってくる。タカシは才能を見いだされクイズ番組への出演を持ちかけられる。
最初は拒むタカシだが……。
story